スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
感謝の気持ち
2008 / 05 / 18 ( Sun )
ラパロで両卵管閉塞が分かった時から始めたこのブログ。
その頃は、タイで不妊治療してる日本人なんて私くらいじゃないの?
なんて思っていて、情報も少なく、分からないことだらけでしたが、
その後同じくタイで治療を頑張っていらっしゃる方、そして日本で
頑張っていらっしゃる方とたくさん知り合うことができ、このブログを
始めて本当によかったです。

今回4回目の移植で陽性判定が出るまで、前向きにやってこられた
のは、いつもいつも励ましてくれたみなさんのおかげだと心から
思っています。

正直なところ、今回もまさか妊娠できるとは思っていませんでした。
もちろん毎回心のどこかで期待はしていたものの、移植も回を
重ねる度に期待は薄れ、精神的な保身のためか、「どうせまた
今回もダメだ」という気持ちの方が大きくなっていきました。
他の方のブログで、不安な気持ちと戦いながらもしっかり
たまごっちの力を信じてる、信じようとされてるのを見て、
自分も!って思ったりもしたけど、私は結局信じ切ることは
できなかった気がします。

そこに“希望”があるから、チャレンジを続けているのに、
繰り返されるのは“失望”。
前向きに頑張っているようで、でも心のどこかでは、
「100回失敗しても101回目には成功するかもしれない」とは
信じ切れていない。
常に矛盾するポジティブな気持ちとネガティブな気持ちが
複雑に心の中に共存していました。
口に出せない(ブログに書けない)ひねくれた感情もありました。


どんなに信じたって着床するかしないかには関係ない。
どれだけ子宝祈願に行こうが、子宝グッツ集めようが
関係ない。
神様もご先祖様も全然力になんてなってくれない。
天国のお義父さん、あなたの息子はこんなにも父親に
なることを願っているのに、どうして力を貸してくれないのですか?
ベビがお空の上からママのお腹に命を宿すタイミングを
みてるなんてあり得ない。
だって妊娠はファンタジーでもなければ、スピリチュアルな
話じゃないもの。
キリストじゃないんだからさ。
一定条件の下で受精→分割→着床っていう医学的(科学的)に
説明できるプロセスを経た結果が妊娠。
だから体外受精なんていう医療があるわけで、ウザイからって
平気で虐待したり殺したりする親だって妊娠する。

だけど、だけど、だけど…

神様、仏様、ご先祖様、助けてください、
と願わずにはいられない。
去年死んでしまった愛猫のお墓にまで
ベビが授かるよう手を合わせました。
妊婦さんを見かけると、どうか自分もあやかれます
ようにって心の中でお願いしました。
タイの子宝寺も調べたりしました。
有名なヒンズーの神様には何度も手を合わせました。
コウノトリキティの携帯ストラップも付けたまま。
移植後はお腹に手を当てて自己流気功もしました。
たまごっちの生命力を、見えない力を信じたい、
と思いました。

正直、いつもこんな風に複雑な気持ちでした。
そして、一体自分はあと何回採卵、移植を繰り返すんだろう、
私が妊娠する日なんて来ないんじゃないだろうか、
そんな先の見えない治療に対する不安と恐怖を
常に感じていました。


だけど、コウノトリキティのコウノトリが汚れて黒くなり始めた頃、
私も妊娠できました。
4回目に3回目とは違う結果が出ました。
まだ妊娠初期で、しかも双子で、果たしてこれから順調に
妊娠を継続していけるか分からない状態ですが、それでも
妊娠という結果を出すことができました。

今まで本当にたくさんの方からの励ましの言葉と支えで
治療を続けることができ、大切な2つの命を授かることが
できました。
中には、ご自身、陰性とか流産とか辛い状況にあるにも
関わらずふぅに温かいコメントを下さる方もいました。
果たして自分だったら同じようにできただろうかと思うと
頭が下がる思いと同時に感謝の気持ちでいっぱいになります。

これまで応援してくださったみなさん、本当にありがとうございました。
まだまだ安心できる時期ではありませんが、今日は一つの
区切りとして自分の気持ちを書きました。

とりあえず無事に心拍も確認できたので、カテゴリーは変更させて
頂きますが、このブログはブログ名だけを変えて
このまま続けて行こうと思っています。

というわけで、みなさん、これからもよろしくお願いします。
今後も引き続きベビ待ちのみなさんの所に1日も早く
天使が舞い降りてくれることを強く願い、微力ながら
応援させていただきたいと思っています。


スポンサーサイト
20 : 59 | ごあいさつ | トラックバック(1) | コメント(8) | page top↑
はじめに
2007 / 07 / 29 ( Sun )
2007年7月26日に腹腔鏡検査を受けたのを期に、
これから赤ちゃんに会える日までを綴っていきたいと思います。

検査を受ける前は毎日ドキドキして、たくさんの方の
ブログで体験談を読ませて頂き、とっても参考になりました。
私の今まで、そしてこれからの体験も、微力ながら
同じように赤ちゃんに会える日を待つ方々の参考、そして励ましに
なればと願っています。
(って言ってもまだ妊娠できてないんですが…(^^;)








17 : 19 | ごあいさつ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。