スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
母子手帳♪
2008 / 07 / 15 ( Tue )
少し前、母に頼んであった日本の母子手帳が届きました。
残念ながらふぅの実家のある市の母子手帳は
かわいくありません…ƒSƒƒ“ƒiƒTƒC
いかにも行政機関が作りましたって感じの赤ちゃんのイラストŠG•ถŽš–ผ‚๐“—อ‚ต‚ฤ‚ญ‚พ‚ณ‚ข
ミッフィーとかキティーちゃんがよかったな。

で、それと一緒に同封されてきたのが、このタイ語版(B5サイズ)
母子手帳ŠG•ถŽš–ผ‚๐“—อ‚ต‚ฤ‚ญ‚พ‚ณ‚ข
タイ語母子手帳1


前に母子手帳について検索してた時にネットでみたこと
あったけど、自分で注文しないと手に入らないものかと
思っていました。
ちなみにふぅの実家は外国人なんて滅多に見かけない田舎です。
そこにタイ語版母子手帳が置いてあるんだからスゴイよなぁ…。
(タダでもらったのか、買ったのか聞いてないんですが)
さすが日本
これまた微妙な表紙ではありますが、こういうものがあるだけ
助かります。

タイ語版と言っても全項目がタイ語と日本語併記になっています。
タイ語母子手帳2


タイ語母子手帳3


他にも何ヶ国語か作られていてこちらのサイトからも
手に入るようです。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 多胎妊娠へ



スポンサーサイト
09 : 14 | 妊娠4ヶ月 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
出産予約(13週エコー写真)
2008 / 07 / 13 ( Sun )
ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹ 15W4D ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹

ここ最近体調はかなりよくなってきていたのですが、
やっぱり疲れやすくてなかなか思うようにブログの更新も
できないでいます…

2週間前の診察で三つ子が発覚、先週の日曜日は
チュラロンコン大学(←タイの名門国立大学)の大学病院に
出産予約に行ってきました。

双子で特に問題がなければ私立の総合病院で出産しようと
思っていましたが、三つ子となると“問題ない”ケースはほとんど
ないそうで、費用のことを考え国立大学病院での出産を
勧められました。
タイの私立総合病院は、ホテルのような豪華さとホスピタリティで
はっきり言ってサービス業なので、その分費用も高いのです。
ふぅだって綺麗な病院で入院、出産したい、でも背に腹は
変えられません。少しでも費用を抑えなきゃ。
それに豪華さよりも、赤ちゃんを助けてくれる先生の技術と
経験の方が大事。

主治医の先生が不妊治療をしたクリニックと大学病院を掛け持ち
してるので、出産までの検診は綺麗で便利のいいクリニックの方
で続けてもらうことにしました。

UPが遅れましたが、2週間前(13w4d)のエコー写真ですŠG•ถŽš–ผ‚๐“—อ‚ต‚ฤ‚ญ‚พ‚ณ‚ข

1人目‚อ[‚ฦ‚Q‚ฑ‚Q‚ฑ ちょっと分かりづらいけど、頭が下です。
A 13週


2人目‚อ[‚ฦ‚Q‚ฑ‚Q‚ฑ 頭は左側で、ちょうど顔の下で手をグーに
握ってるのが見えます。 
B 13週


そして3人目‚อ[‚ฦ‚Q‚ฑ‚Q‚ฑ 頭は右側でドラえもん o((=゜ェ゜=))oのような
両手足が見えます。真ん中の黒丸は何??
C 13週


大きさ(CRL)は5.8センチ~7.0センチで、1人だけ少し小さいけど、
特に問題はないそうです。
最初はとっても驚いたし、不安でとまどったけど(今もまだそれは
なくなった訳じゃなけど)、こうなったらもうとにかく3人とも元気に
産声をあげて欲しいです。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 多胎妊娠へ





14 : 05 | 妊娠4ヶ月 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
ありがとう
2008 / 07 / 08 ( Tue )
ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹ 14W6D ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹

前回の三つ子発覚の記事にはたくさんのコメント、
そしてメールを頂き、ありがとうございました。
衝撃の事実?発覚からしばらく経ち、少しずつですが
現実を受け入れ、心の準備を始められた気がします。
お金の準備はしてませんが…

私の周りには今も今までも三つ子ちゃんがいたことはなく、
本当にとまどいと不安でいっぱいになりましたが、みなさん
からのコメント・メールで意外にも三つ子を出産された方、
そして元気に育っている三つ子ちゃんは多いことを知り
前向きに考えられるようになってきました。

つい先日、母に頼んであった母子手帳(3冊!)が日本から届き、
同封されていた手紙にはこんなことが書いてありました。

「この前(私が電話で三つ子だと報告した時)は突然のことで
私までふぅに不安を与えるようなことを言ってしまいましたが、
ゆっくり考えてみるとようやく授かった赤ちゃん。
とにかく3人とも元気に育つように大切にしてしてください。
3人ともあなた達の為に生まれてきてくれるんだと思いますよ。」

筆不精で、かなりクールな母からのこの短い手紙に思わず
涙が溢れました。

不妊治療をして、ようやく赤ちゃんを授かることができて、
今本当に命の尊さ、ありがたさを実感し始めています。
今まで自分が生まれてきたこと、生きていることは
当たり前のことのように思っていました。
当たり前すぎて考えたこともなかった。
思春期の頃には「生んでくれなんて頼んだ覚えはないんですけど…」
なんて思ったこともあるし、そんな風に親に言ったことも
あったかもしれません。

治療の結果、赤ちゃんを授かったと知った時は本当に
うれしかった。
そして今、その赤ちゃんがほぼ確実に低体重で生まれてきてしまう
と分かり、胸に抱くこともできないままに、小さな体にたくさんの
チューブがつながれ、テープをはられている姿を想像すると、
胸がぎゅっと痛くなって涙が浮かびます。

命って尊いもの。かけがえのないもの。
ありがたいもの。あったかいもの…

不安なことはたくさんあるけど、それを改めて教えてくれたベビに
感謝して、今はただ、何とかその命を守りたいと思っています。

みなさん、ありがとう。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 多胎妊娠へ

09 : 08 | 妊娠4ヶ月 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
大変なことになりました…
2008 / 06 / 30 ( Mon )
ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹ 13W5D ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹

気付いたらもう1ヶ月近くもブログを放置してました…
みなさんのブログも読み逃げばかりしていてスミマセンm(_ _"m)

現在13週目。何とか4ヶ月目に突入しています。
毎日ひたすら吐いて吐いて本当に辛かったつわりも
12週目ごろから少しずつ楽になり、
未だに日に数回はオエ~っとやってますが、
それでも一時期に比べるとかなりマシになりました。

ひどかった時期には、2回ほど通勤電車の中で吐きかけ、
何とかギリギリのところで下車したものの、
ホームでしゃがみこんでしまい、
駅員さんに駆けつけられたこともありました…
それからは満員電車を避けるため、早起きして
早朝の電車に乗るようにしたので、座れるし、
楽にはなったけど、おかげで始業時間の
2時間前に会社に着いてマス…ŠG•ถŽš–ผ‚๐“—อ‚ต‚ฤ‚ญ‚พ‚ณ‚ข

さてここからが今日のタイトルの“大変なこと”。

昨日は3週間ぶりの診察だったのですが、
そこで“大変なこと”が判明してしまいました。

どうやらお腹の中のベビは三つ子らしいのです…

昨日の超音波検査、まず画面に一人目が映し出されて、
さらに成長した元気な姿が見えました。
そして「次は、二人目ね…」と言いかけた先生の様子がおかしい。
黙って画面を見つめたままお腹の上でプローブを動かしてるだけで、
画面には一向にはっきりとしたベビの姿が映らない。

「何か異常なんだ・・・」

先生の雰囲気からそれだけは感じて、夫と不安になりながら
じっと先生の言葉を待っていました。
途中でカルテを確認しに行ったり、また戻ってきて検査を続けたり、
沈黙の時間がかなり続いて、やっと先生の口から出てきた言葉は

「三つ子だね…」


ウ・ソ・でしょ?


移植した2つの胚盤胞が2つとも着床した上に、
そのうちの1つが分裂して1卵性の双子になったようなのです。
3人とも6センチから7センチで、週数からしても
標準の大きさに育っていました。

それから診察台を降りた私たちが聞かされたのは、
双子と比べても三つ子出産がいかにハイリスクかという話。

「三つ子の妊娠・出産はリスクが高いばかりで
何一ついいことはありません。
医師なら誰でも避けたいと思うことです。
トラブルなく出産できることはまずありません。
出産予定日の1ヶ月前には入院することになると思うし、
確実に早産で赤ちゃんは低体重で生まれてくるから
3人とも保育器に入ってしばらく入院することになるでしょう。etc…」


夫と2人かなり複雑な気持ちで帰宅しました。

夫は「先生が悪いこともはっきり言ってくれてよかった」と言ってましたが、
私の方はただただ、とまどいと不安。
少し検索してみたけど、妊娠中毒症や早産はもちろん、
脳性マヒやその他の障害などさらに不安をかき立てられる
ことばかり。
私だけじゃなく、ベビたちも生まれた瞬間から
試練に立ち向かうことになる…

赤ちゃんに会いたくて、不妊治療もつわりも頑張ってきたけど、
正直言って今の状態は手放しで喜ぶことができません。
昨日の今日で、まだ現実として受け止めることができず、
心の半分では先生の見間違いなんじゃないかとも
思ったりしています。

今私がくよくよ考えるのはベビのためにもよくないって
分かってますが、考えずにはいられません。
どうか、先生の見間違いであって欲しい、
でももし本当に3人いるなら、3人とも元気に生まれてきて欲しい。

ママへの道、どうしてこんなに険しいんでしょうね…


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 多胎妊娠へ

19 : 18 | 妊娠4ヶ月 | トラックバック(0) | コメント(20) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。